ホーム >> サービスのご案内 >> 介護老人保健施設 >> リハビリテーションとは?

リハビリテーションとは?

リハビリテーションとは「障害等によって失われた生活習慣を再び取り戻す」ために行われるすべての援助活動のことです。医師や理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等のリハビリ専門職、看護師および介護職員、ボランティア、家族の方々が日々行う一体的な活動です。

介護老人保健施設でのリハビリテーション

介護老人保健施設では疾病や廃用により機能低下を認める高齢者等の方々に対し、様々なリハビリテーション活動を行います。

リハビリテーションの目的としては、(1)実際の生活に必要な筋力や体力の維持、向上を図る。(2)食事、排泄など生活に必要な動作方法の指導を行う。(3)生活に対する意欲などの精神活動の活性化を図る。(4)生きがいの再獲得、自発的な生活を促進する。(5)対人交流を促して集団の中での役割の再獲得を図る。などが挙げられます。

具体的には、
  1. 個々の能力に合わせて機能訓練や生活動作訓練が、それぞれの計画に基づいて行われる個別訓練
  2. レクリエーションやグループワークなどで他者と関わり、楽しみながら能力の維持、向上を行うグループ訓練
  3. 個々の状態に応じた生活援助用具や住宅改造などの相談、指導など生活環境の調整や日常の運動および介護方法の指導
などを行います。

リハビリテーション イメージ画像1リハビリテーション イメージ画像2リハビリテーション イメージ画像3リハビリテーション イメージ画像4リハビリテーション イメージ画像5

クラブ活動

クラブ活動としては習字クラブ・陶芸クラブ・木工クラブ・ティー&フラワー等があり、1時間程活動しています。作品を作る時はスタッフの手をかりながらも、一生懸命されていて作品が出来ると喜ばれる表情が見られます。皆さん活動を楽しみにされています。

クラブ活動 イメージ画像1クラブ活動 イメージ画像2クラブ活動 イメージ画像3クラブ活動 イメージ画像4クラブ活動 イメージ画像5クラブ活動 イメージ画像6クラブ活動 イメージ画像7

※ティ&フラワー・ネイル・陶芸・ビーズ作り・折り紙細工は別途料金がかかります。

このページのトップへ戻る